短刀 備州長船祐定

短刀 備州長船祐定

祐定は、備前国(岡山県)長船派の刀工。忠光や勝光らと並んで末備前を代表する名工です。一説には、「祐定」銘を切る刀工は60人を超えるとも言われています。その中でも、俗名を与三左衛門とした祐定が最も高名で優れた技術を持っていたとされており、その作刀は末古刀最上作に列せられているのです。

商品名 短刀 備州長船祐定
商品番号 0066
種別 短刀
表銘 備州長船祐定
裏銘  
鑑定書 保存刀剣鑑定書
登録  
時代 室町時代
備前国
価格 200,000円(税込)
寸法 刃長:24,4cm
反り:内反り
元幅:2,1cm
元重:0,5cm
先幅:1,6cm
先重:0,4cm
目釘穴2