短刀 国秀 安政五歳初冬

短刀 国秀 安政五歳初冬

立花圓龍子国秀は、中山一貫斎義弘の門人にして、圓龍子と号す。天保頃には上野国安中藩(現:群馬県安中市)の板倉家の抱え工として作刀した。その頃の銘文は「上州安中住円竜子立花国秀」「橘円龍子国秀造」などと銘す。のちに、相模国鎌倉に移り、嘉永、安政、文久などの年紀作がみられ、「相州鎌倉住国秀作」「相州鎌倉住橘国秀作」などと銘す。

商品名 国秀(圓龍子)安政五歳初冬
商品番号 0052
種別 短刀
表銘 国秀
裏銘 安政五歳初冬
鑑定書 保存刀剣鑑定書
登録  
時代 江戸後期
 
価格 235,000円(税込)
寸法 刃長:20,0cm
反り:/
元幅:2,6cm
元重:1,0cm
先幅:1,8cm
先重:0,6cm
目釘穴:1