太刀・刀

刀 兼裕作 平成五年 神楽月

森山兼裕、本名は森山喜一、千葉県東葛飾郡沼南町(現・柏市)に住む。 師は元陸軍受命刀匠の森山兼茂刀匠、父子共に新作名刀展において数多く受賞する。

刀 常陽笠間住源正兼作之

聖代刀工位列、最上大業物横綱格刀工。 高野金次郎。茨城県笠間市住。明治33年生。水戸の名工二代勝村正勝に入門して作刀を学び、戦前のコンクールに於いては、刀匠 …

刀 水府住横山祐光於白籏山造之 鎮丸鍛安政六年八月日

祐光は文政3年に田口権右衛門の三男として江戸青山に生まれ、 横山嘉十朗を名乗る事から横山一問の誰かから学んだと思われ、 嘉永三年に徳勝の推薦により水戸藩士と …

刀 奥州会津住兼定 天保十四年八月日

会津兼定は、室町後期永正頃、和泉守兼定の孫清右衛門兼定が、会津に移り幕末にかけて会津藩工として栄えた。天保の兼定は十代にあたり、名を古川業蔵といい、十一代の …

刀 兼景

室町期に美濃で昨刀した刀工ですが江戸期に入ると甲斐、但馬、美作あたりに分散した。

刀 岩見守藤原国助

石見守国助は伊勢亀山の産。名は小林源之丞という。近江石堂派に属する刀工で、堀川国広門、河内守国助の実弟である。兄弟ともに国広晩年の門人となる。初銘『石見大掾 …