脇差・短刀

脇指 陸奥大掾三善長道

三善長道は三好政長の子で、江戸に出て山野勘十郎より刃味の奥義を授かり、以来最上大業物の作者として著名となり、会津では会津虎鉄、会津正宗とも称され、今でも絶大 …

脇差 藤原貞行(高田) 

高田の初代貞行作です。剣豪宮本武蔵が臨終間際まで差料として所有していた刀の作者として知られる。

短刀 国秀 安政五歳初冬

立花圓龍子国秀は、中山一貫斎義弘の門人にして、圓龍子と号す。天保頃には上野国安中藩(現:群馬県安中市)の板倉家の抱え工として作刀した。その頃の銘文は「上州安 …

脇指 陸奥大掾三善長道

三善長道は三好政長の子で、江戸に出て山野勘十郎より刃味の奥義を授かり、以来最上大業物の作者として著名となり、会津では会津虎鉄、会津正宗とも称され、今でも絶大 …

短刀 常陸国水戸直江助共 安政三年八月日

直江助共は助政の子で水戸台町の生まれ、天保五年四月に水戸烈公の御前で父と共に打ち、天保十年には烈公より八雲鍛えの秘伝を伝授されている。烈公が助共の鍛冶場を訪 …

短刀 相州中村住秀宗 天保二年八月日

脇差 無銘(兼春)

兼春は戦国時代の美濃国の刀工。長禄、 天文、天正、新刀期にも名跡が続いている。

脇差 武州下原住廣重

下原鍛冶とは、室町時代には北条氏の庇護下にあった鍛冶集団で、北条氏の関東進出を支えました。中でも広重一派は切れ味を誇り、その名跡は明治まで連綿と続きます。

脇差 和泉守源法成寺正次

短刀 八十三翁川井久幸作 慶応四年二月

川井久幸は本名を川井亀太郎といい、天明六年に幕府旗本川井家に生れる。「細川正義」(ほそかわまさよし)の門人「清水久義」(しみずひさよし)に学んで、1868年 …