脇差・短刀

短刀 備前長船祐定

備前國長船祐定は、古刀期に備前長船で繁栄した刀工です。

脇指 石見守国助

石見守国助は伊勢亀山の産。名は小林源之丞という。近江石堂派に属する刀工で、堀川国広門、河内守国助の実弟である。兄弟ともに国広晩年の門人となる。初銘『石見大掾 …

脇指 和泉守藤原兼重

和泉守兼重は本国越前で寛永初年頃江戸に移り, 藤堂和泉守高虎に仕えたと伝えられています。 宮本武蔵の愛刀

短刀 義助

義助は島田鍛冶の祖で、相州正広門と伝え、今川義忠より一字を授かるといい、作風は正宗や貞宗に見紛うものが現存する名工で、その後義助家は、氏親・氏輝・義元・氏真 …

脇指 陸奥大掾三善長道

三善長道は三好政長の子で、江戸に出て山野勘十郎より刃味の奥義を授かり、以来最上大業物の作者として著名となり、会津では会津虎鉄、会津正宗とも称され、今でも絶大 …

脇指 陸奥大掾三善長道

三善長道は三好政長の子で、江戸に出て山野勘十郎より刃味の奥義を授かり、以来最上大業物の作者として著名となり、会津では会津虎鉄、会津正宗とも称され、今でも絶大 …

短刀 常陸国水戸直江助共 安政三年八月日

直江助共は助政の子で水戸台町の生まれ、天保五年四月に水戸烈公の御前で父と共に打ち、天保十年には烈公より八雲鍛えの秘伝を伝授されている。烈公が助共の鍛冶場を訪 …

短刀 相州中村住秀宗 天保二年八月日

脇差 武州下原住廣重

下原鍛冶とは、室町時代には北条氏の庇護下にあった鍛冶集団で、北条氏の関東進出を支えました。中でも広重一派は切れ味を誇り、その名跡は明治まで連綿と続きます。

脇差 和泉守源法成寺正次

短刀 八十三翁川井久幸作 慶応四年二月

川井久幸は本名を川井亀太郎といい、天明六年に幕府旗本川井家に生れる。「細川正義」(ほそかわまさよし)の門人「清水久義」(しみずひさよし)に学んで、1868年 …